ワードプレスで作られた人気サイト11選から、個人ブログの運営を考える

自由なカスタマイズができるワードプレス。webサイトによってデザインも大きく違ったり。

有名で月間50万PV以上のサイトを厳選して紹介します。デザインだけでなく内容も参考にしていきたいですね!

なお、この記事では時事ネタ・最新情報を中心に載せているwebサイトを「ニュース系」、それ以外を「ブログ系」と呼ぶことにします。

会社組織が運営

ニュース系

①ガジェット通信

ネット上の話題、サブカル系に強いニュースサイト。

ガジェット通信 GetNews
おもしろニュース

②ロケットニュース

こちらも、ネット・サブカル系を中心としたニュースサイト。

ロケットニュース24
ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネッ …

③しらべぇ

ここも、サブカル・ネット系の話題が中心。ただし自分たちで独自に調べた記事も多い。ニュース系とブログ系の中間ぐらいの立ち位置?

しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!
しらべぇは、気になるアレを大調査!するニュースサイトです。世の中の話題や気になるネタを独自調査で深堀りし、その結果を記事にして毎日配信します。

 

④イゼット速報

「マジック・ザ・ギャザリング」というカードゲームを専門としているwebサイト。一般的に有名なわけじゃないけど、マジック業界では圧倒的な知名度と人気を誇る。

イゼ速。:Izzet MTG News Flash
マジックの今をまとめてお届けする非公式サイト

ブログ系

⑤バズ部

アクセスアップのためのSEOテクニックを解説しているwebサイト。ホームページ作成サービスもやっている。

バズ部
私たちが考える最高のWebマーケティング、コンテンツマーケティングについて、会社経営者、Webの担当者や個人事業主の方々にダントツで役に立つコンテンツを提供する「バズ部」

 

⑥LIG

ホームページ作成などを行っている会社のブログ。ただし、業務に関係ない雑記も多くて個性的。

株式会社LIG | 東京都台東区上野発のWeb制作会社、世界へ
株式会社LIG(リグ)は東京都上野を中心に「Life is Good」掲げて活動する社長がイケメンな事で有名な会社です。Webサイト・ホームページ制作、コンテンツ制作、記事制作、コワーキング・シェアオフィス運営、ゲストハウス運営、飲食事業、教育事業、地方創生事業、プロモーション、システム開発、Webマーケティングなどを...

個人が運営

ニュース系

⑦ゴリミー

iPhone、appleに関わる情報を中心にしているニュースサイト。

gori.me(ゴリミー) | Appleニュース&ガジェットレビューのテック系ブログメディア
iPhone、MacBook / MacBook Pro / Air、iMac、Mac mini、iPad Air / mini / Pro、Apple WatchなどのApple情報を中心とした最新テックニュースやガジェットのレビュー、グルメ情報、セール情報など幅広く情報をお届けするサイト。

⑧男子ハック

ネット・ザブカル系のニュースを中心に紹介している。

男子ハック
眼鏡男子×ガジェット×ライフハック

 

ブログ系

⑨ノマド的節約術

お金に関わる情報を専門にしている。

ノマド的節約術
節約・倹約で生活コストを落とすことで、精神的なゆとりを。これからの時代を生き抜くための節約術・お金への考え方を発信するサイトです。

⑩ヨッセンス

色々なことについて書いている雑記系ブログ。

ヨッセンス
香川在住プロブロガー ヨスが運営する「ヨッセンス」です。iPadなどガジェットや文字入力ライフハックをはじめ、ジェンダー、働き方などについても語るノンジャンルブログです。

⑪未分類なブログ

アニメ、ゲームなどサブカル系が中心。

https://www.roll8.xyz/my-osusume-post

 

さてさて、いかがでしょうか。さすがはワードプレス、色々なデザインが可能ですね! カスタマイズしだいで自由にwebサイトが作れる。

また、デザインだけでなく記事の内容、1記事の文章量、タイトルの付け方、内部リンクの貼り方、更新頻度、広告の配置なども参考にできるでしょう。

個人運営のニュースサイトは、特化しないと難しいのでは

ここから↑の11個のサイトを参考例にしつつ、個人でアクセス数の多いwebサイトを作っていくにはどうすればいいかを考えてみます。

私が気になったのはニュースサイトについて。紹介したwebサイトを見てもらえれば分かりますが、更新頻度と記事の量は会社組織が運営しているwebサイトの方が圧倒的に上です。

ゴリミー・男子ハックは1日1記事以上で個人運営としては驚くべき更新スピードだけど、会社組織のニュースサイトは1日に3記事とか5記事以上を平気でアップしています。

複数人でやってる方が更新が多い。また、新しい情報を集める能力も人数が多ければ有利でしょう。

同じ方向性だと、個人ニュースサイトは会社組織のニュースサイトに勝てない。量で負ける。これは間違いなく言えます。

最新情報以外のまとめ系サイトでも同じでしょうね。量なら会社運営>個人運営、同じ方向性だと戦えない。

じゃあ、どうするべきか? やはり専門分野に特化するのが戦っていく方法じゃないかと。例えばゴリミーさんはapple製品に特化することで差別化できています。

自分の好きなこと・趣味に関わる情報を徹底して調べてまとめる。それが個人でニュース系サイトを運営するポイントになりそう。読者との距離感も縮まるでしょうし。

ブログ系はそもそも運営者の個人的な意見・実体験が中心となっているので会社運営のところとは根本的に差別化できているだろうと思います。というか、そうしないといけない。

広告と、収益化のパターンも色々と考えられる。

次に、広告と収益の部分について。50万PVを超えるようなwebサイトだと収益化も意識するのがほとんどでしょう。少なくとも紹介している11個はすべて収益化を考えています。

注目したいのはバズ部。ここは他と比べて広告が少ない、というかwebサイト上にはありません。

しかし、会社が運営しているので趣味とかボランティアのはずもない。広告は無いけど収益化できているわけ。

ポイントは、バズ部を運営している会社がwebページの作成・コンサルタントをしている点。

バズ部の中には外部の広告は無いけど、相談するための申込フォームはあります。ここから申し込みを受けて有料の契約へとつなげていくのでしょう。

バズ部を運営している目的は「自分たちの実力をアピールして申し込みを受けるため」であって、「広告をクリックさせ報酬をもらうため」ではない。

つまり収益化のための方法は複数あるってこと。外部の広告をクッリクさせる以外にも色々な可能性が。

自分のwebサイトにあった収益化の方法ってのも、よく考えてみるべきなんでしょう。まぁ紹介している11個のうちで10個までが外部広告をメインにしているようなので、外部広告をクリックしてもらうというのが収益化のための基本手段だとは言えそうですが。

まとめ

・さすがはワードプレス、色々なデザインが可能!

・人気のwebサイト、デザイン以外も参考になる点は多い

・同じ方向性だと、個人運営は会社運営に勝てない。量で負ける。

・個人運営でどう戦っていくか? ニュースは専門に特化した方が良さそう、ブログ系はそもそも個人的な意見が多くて差別化できているはず。

・収益化の方法も色々とある。自分のwebサイトにあったものを考えるべし。

 

こちらもどうぞ

WordPressユーザーには3つのレベルがあると思う
カスタマイズができるかどうかで、初心者・上級者・神の3段階があるんじゃないかと
https://souzouryoku.com/theme-plugin-12/