2次元のキャラって、現実世界にいたらキモイよね! (閲覧注意?)

目が大きすぎる・鼻は無い・やたらカラフルな髪の毛・頭のバランスが微妙、などなど……リアルな質感で考えたら気持ち悪くて怖い!

というわけで、今回は2次元キャラの見た目について考えてみようと思います。2次元のキャラクターっていっても色々とありますが、基本的には最近のマンガ・アニメの見た目をイメージしてもらえれば。ちょっとホラーな画像が出てくるのでご注意ください。

2次元キャラ


画像はウィキペディアより

だいたい、こういう感じですよね。これはちょっと萌え絵によってますが方向性自体はそこまで変わらないでしょう。目は大きく・鼻が小さめ・髪の毛は冷静に見るとカオス、というのは多くの2次元キャラに共通。

こういった絵を見ても、あまり「キモイ」とか「怖い」って思う人は少ないのでは? 好き嫌いはあるでしょうがそこまで違和感はないような気がします。

でも、リアルな質感で考えるとキモい!

しかし、こういった2次元キャラの見た目を現実世界の人間に当てはまめてみると? よく言われるのは「目がでかすぎる!」てことですよね。

2次元キャラの目のバランスをものすごく雑に再現してみると

↑男キャラでも、これぐらいの目の大きさは良くありますし

↑女キャラなら、これぐらいのバランスも良くあります。

いや~、やっぱ現実の人間で再現してみると目がでかすぎてキモイ。こんな人が前から歩いて来たら逃げますよ(笑) これで鼻を消したら完全にホラー。

しかも、髪の毛の色が青だったり緑とかピンクとか、普通にありますもんね。イラストだと気にならないけど現実世界でピンクとかめっちゃ派手。

なんというか宇宙人ですよ、宇宙人! 顔のバランスまで再現したコスプレとかあったら怖いでしょうね(笑)

「2次元の世界に行けたらな~」みたいなことも良く言われますが、2次元の世界をリアルな質感で想像したら超ホラー。大きな目がいっぱい……う~ん、夢に出てきそう。

それに、2次元世界の住人からは「なんだこいつ!? 目が小さすぎる!」なんて思われるでしょうし(笑)

人間の脳の不思議

こうやって冷静に見てみると2次元の表現と現実世界ってのは、色々と違いが。それでもマンガ・アニメを見ている時に違和感はありませんよね。


↑こんな顔のバランスでも、かわいいとか思えちゃう。

人間の脳が、かなり雑に世界を見ていることが分かります(笑) 細かい違いなんて、脳は気にしてないんですね。○が3つあるだけで顔に見えるってのも有名な話


↑これだけで顔に見える。こいうのを「シミュラクラ現象」と言うそう

冷静に見れば現実とは別物の世界を違和感なく楽しめるのは、脳が細かいことを気にしないおかげってことですね!

まとめ

・2次元キャラの見た目って、冷静に考えたらカオス。髪の毛が緑とか青とか

・現実的な質感で考えたらホラー(笑) 特に、目がデカすぎて怖い!

・人間の脳みそは、かなり雑に世界を見ているってこと。でも、そのおかげで漫画とかアニメを違和感なく楽しめる!

 

リアリティがなくても、楽しめればそれでいい!

リアリティがない=説得力が足りない、ってことでしょう!
現実的かどうかではなく、消費者が納得して楽しめるかどうかが重要なのです! ついでに言えば、面白ければリアリティなんて指摘されません!