『超古代文明』について考えてみる! ~はるかな過去の謎とロマン~

アトランティス大陸・ムー大陸・古代宇宙飛行士説・オーパーツ……色々ありますよねぇ。確かに、ロマンのあるアイディア。ファンタジーやSFの分野でも人気の題材。

(この記事の画像は、すべてウィキペディアより)

というわけで、今回のテーマは「超古代文明」。いわゆる4大文明が成立した紀元前4000年以前に存在したとされる、非常に高度な文明を指す言葉ですね。英語で言うとSuper-ancient civilization、かっこいい!

ちなみに、私は超古代文明は信じてません! この記事は信じていない人が、超古代文明を紹介したり面白おかしく考察する記事になってるので、ご了承ください。

人々をひきつけるロマン!

超古代文明、人気あるテーマですよね! オカルト・スピリチュアル・ファンタジーなどの分野で良く出てくる言葉。アトランティス大陸・ムー大陸を代表に、多くの人が多くのことを言っています。

ネットで少し検索してみるだけでも大量の情報がヒット。

「4大文明より古い文明が存在した!」「文明の起源は宇宙人」「南極の氷の下に遺跡が眠っている」「はるか昔の核戦争の跡が見つかった」などなど……科学的な常識に縛られない、夢のある意見が色々と。

オーパーツ(通常の考古学では説明できない、当時の技術水準を超えた物)とからめて、けっこう真面目に信じている方もいるようです。

私は全く信じてませんが、今の科学的考古学的な常識が絶対に正しいとも限りませんしね~。何にせよロマンがあるのは間違いありません。

現代でも作れない超硬質な金属製品などが出てくるイメージ。また、超能力が一般的だったり精神主義神秘主義だったりすることも。現代文明に先行しただけでなく、文明としての方向性が違うという感じ?

滅び方としては急激な天変地異・大規模な内戦・技術が進みすぎたことによる自滅・神の怒りに触れた、などでしょうか。

フィクションの分野でも人気あるテーマ。日本で特に有名なのは「天空の城ラピュタ」でしょうか? あの映画の中のラピュタは、まさに超古代文明。

その他のマンガ・アニメなどでも「超古代文明の遺産が見つかった!」「はるか大昔の悪いやつらが目覚めた!」「超古代文明の宝物をめぐって主人公と敵が戦う!」なんてストーリ、ありますよね。

多種多様なアイディアがある

さてさて、ここからは超古代文明の具体的な例をいくつか紹介していきますよ~。

伝説の大陸

今は沈んでしまった大陸が古代にはあり、そこに高度な文明が栄えていたのだ! こういう話も多いですよね。一応、科学的には否定されてますよ。大陸と呼べるような物があったなら証拠が大量に見つかるはずなので。しかし、ロマンはある! そんな大陸をいくつか紹介

アトランティス大陸

場所:大西洋説・地中海説・アメリカ大陸説
由来:ティマイオスおよびクリティアス(ともに古代ギリシャの哲学者プラトンの著作)

アトランティス大陸の由来って古代ギリシャだったんですね。知ってました? 伝説の大陸および超古代文明の舞台として最も有名な場所、それがアトランティスでしょう!

約1万2000年前に沈んでしまったとのこと。架空金属のオリハルコンもアトランティスのものであり、超古代文明の機械の材料や動力源として有名。今でも信じている人・探している人が多いですよね~。

パシフィス大陸

場所:太平洋中央一帯
由来:ポリネシア一帯の文化の共通性を説明するため、1920年代に英国とロシアの学者がそれぞれ別に発案。

「これだけ広い海域の島々が、文化を共有しているのはおかしい! かつては大陸であり、それが沈んで山の部分が島として残ったのでは……?」そういう発想。現在は航海技術の高さが判明しているので否定ずみ。人類は普通に船で島々を渡ったようです。

ムー大陸

場所:太平洋中央一帯
由来:イギリス陸軍大佐を詐称したアメリカの作家、ジェームズ・チャーチワードが『失われたムー大陸』(1926年、1931年)以下の一連の著書の中で、「インドないしチベットの寺院で発見した」と主張していた古代の粘土板。今から約1万2000年前にあったとのこと。

これも有名な伝説の大陸であり、超古代文明や宇宙人との関連が強いとされますね! オカルト系雑誌として有名な「ムー」の元ネタでもありますし。

メガラニカ

場所:南極を中心とした南半球の大部分
由来:古代ギリシャ。古代ギリシャには世界球体説がすでにあり、当時の知識から考えて「大地が北半球に集中し、南半球は海洋ばかりになってしまってバランスが悪い」とされました。

そこで「南半球にも巨大な大陸が存在して地球のバランスが保たれているのでは?」という発想が出てきたそうです。別名は、未知の南方大陸(羅: Terra Australis Incognita, 後のオーストラリアの語源とのこと)。

レムリア大陸

場所:インド洋中央一帯
由来:キツネザルなど「インド洋に面した、かけ離れた地域の生物相に類似点が見られた」ことから推測された科学上の仮説

これも割と有名? 元々は科学的な仮説でしたが、ブラヴァツキー夫人などのオカルト関係者たちによって様々な伝説が付加されたとのこと。ムー大陸とも関連付けられ、片方が片方の半分だけ沈んだ姿だと言われたりも。あのラブクラフトの「クトゥルー神話」にも登場。

古代宇宙飛行士説

はるか昔に宇宙人が飛来して人間を作り出し高度な文明も授けた、というアイディア。宇宙人考古学・宇宙考古学などとも。1970年代に世界中に広がりました。

超古代文明を直接的に宇宙人と結びつける考え方と言えます。例えば、ナスカの地上絵を「宇宙人に対して描いたものだ!」などと主張したり。


↑超巨大な「ナスカの地上絵」。現在は作製法は判明しているが、描いた理由は未だに不明。

オーパーツ

これは「一般的な考古学では説明できない当時の技術力を大きく超えた物事」のこと。超古代文明の証拠として持ち出されたりしますよね。

「こんなものを作れるのは超古代文明だけ!」というわけです。実際には普通に考古学的に説明ができる場合が多く、また誤解・ねつ造であると明確になっているものが多数。

アステカの水晶髑髏・コロンビアの黄金スペースシャトル・アンティキティラ島の機械などは、特に良く超古代文明と結び付けられている印象。

こちらもオススメ

実在した超古代文明!?

私は超古代文明は信じてませんが、見方によっては超古代文明「みたいな」状況は現実に存在したと言えるかもしれません。あくまで「みたいな」ですけど。それは「中世暗黒期のヨーロッパから見た、古代ローマ帝国」!

古代ローマ帝国が崩壊して中世暗黒期ヨーロッパになりますが、この時にローマ帝国の優れた土木建築技術などは失われてしまいました。

つまり、一部の技術的には古代ローマ帝国>中世暗黒期ヨーロッパだった! 古代ローマの水道橋などの作り方は中世暗黒期には失われていた。いわゆるロストテクノロジー!

この時、中世暗黒期の人間が古代ローマ帝国時代に建築などを見ると「古い建築なのに、今の技術レベルを超えている……!? だれがどうやって作ったのか……?」なんて思うでしょう。超古代文明的だと思いませんか(笑)

現代文明もロマンだと思う

さて、今度は超古代文明が本当に存在したと仮定してみましょう。アトランティスでもムーでも宇宙人が作った文明でもいいですから、とにかく超古代文明が実在したと仮定します。

これは中々にロマンがあります。しかし、逆に「超古代文明が存在することによって消えてしまうロマンもある」と思うんですよ!

それは何か? ずばり「今の文明が、地球史上ただ1つの文明である」ってこと! 仮に超古代文明があったとしますと、現在の文明は二番煎じ・パクリ・ネタ被りってことになっちゃいますよね……?

今の科学的常識からすれば、地球に知的生命体による文明ができたのは約6000年前。それ以前には文明なんてものは無かった! 我々は進化の果てに地球で最初に高度な文明を築き上げた栄光ある種族だと言えるでしょう!

しかし、超古代文明なんてものが先にあると話は変わります。我々は最初の文明ではなく2番目の文明になってしまうわけですよ。

これはちょっと微妙だと思いません? 地球史上唯一の文明、というロマンが消えてしまうと思いません?

超古代文明ってのも確かにロマンがあります。しかし、現代の我々の文明ってのもロマンがあると思います。現代の我々は地球史上ただ1つの文明の、そのまた最先端を生きているんですよ。まさに前代未聞であり前人未踏。現代文明ってのもロマンがあると主張したい!

私たちが超古代文明になる可能性

ところで、超古代文明は意外と他人ごとではないかもしれませんよ。

超古代文明のお約束として「高度な技術力を持っていたが滅びてしまった」ってことがありますが、私たちの現代文明も急に滅びてしまうかも知れませんからね。

恐竜の絶滅は巨大隕石による影響で間違いないとされています。同じような巨大隕石が地球に衝突したら現代文明も一瞬にして滅びる可能性が。

その他、火山の大規模噴火による気候変動・核戦争などなど……滅亡の危険はあります。

うっかりすると、我々が滅んで「超古代文明」になってしまうかも(笑) 20万年後とかに再び知的生命体が進化して「過去にも進んだ技術力を持った文明があったらしい。どうも哺乳類のサルに近かったようだ!」なんて言ってたり? 絶対に無いとは言えないでしょ~。

まとめ

・超古代文明、人気あるテーマだよね! ロマンがある!

・伝説上の大陸、古代宇宙飛行士説、オーパーツなどなど

・「中世暗黒期のヨーロッパから見た、古代ローマ帝国」は実在した超古代文明的な状況?

・仮に超古代文明があったとすると、我々の文明は2番目の文明になってしまう。現代文明こそが地球史上唯一の文明である、ってのもロマンだと思うな!

・現代の文明が急に滅びてしまう可能性だってあるわけで、私たちこそが「超古代文明」になってしまうかも(笑)

超古代文明に関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる

 

ところで、恐竜ってある意味では超古代文明みたいなものでは?

恐竜の絶滅と人類について、想像力を膨らませてみた!
恐竜の魅力の1つは「すでに絶滅していること」がでしょう! そして、恐竜の絶滅が人類を生み出した。深く考えてみたこと、ありますか?
恐竜についての豆知識・小ネタ
鳥は、恐竜!? 色については根拠なし!? 羽毛が生えていた! などなど