SNSで犬よりも猫の写真が多い2つの理由

ツイッター・インスタグラム、動物の写真も人気のジャンル。でも犬の画像って意外と少ない気がしますよ。

By Lokal_Profil (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html), CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/) , via Wikimedia Commons

みなさんもちょっと思い出してみてください。流れてくる画像って犬より猫が多かったのでは?

ペットとしては大人気なのに画像が少ない理由とは? 大きく言って2つあるんじゃないかと

①犬は動きが平面的。猫は立体的で多彩なアングルとポーズ

まず大きいのが「猫の方が面白い・インスタ映えする写真が撮りやすい」ってことでは。

犬は地面を走り回って生活している動物。なのでペットとしての動きも平面的。家の中では基本的にずっと床の上にいる。人間よりも低い位置。

比べると、猫は木に登ったり立体的な生態をしているもの。人間の家の中でも立体的に暮らしている。テーブルやタンスの上に乗ったりとかね。

ジャンプ力があるし爪を使ってよじ登ることもできる。キャットタワーはあるけどドッグタワーはない

こういう感じで、猫を下から見上げるような写真も撮れる。犬を下から見てる写真は珍しいんじゃないかと。猫の方が多彩なアングルとポーズの画像が取れてるのでSNS映えして人気なのでは。

②野良犬がいない。ノラ猫はたくさんいる。

生き物の写真ってペットだけじゃないですよね。野生動物・ノラ猫の写真もSNSにはたくさん投稿されてます。家の中のペットとは違う、自然や街中での自由な魅力がある!

でも、野良犬の写真はほとんどないんですよ。これも犬より猫の写真の方が多い理由じゃないかと。

野良犬の写真が少ないのは「単純に数が少ない&危険で写真撮ってる場合じゃないから」でしょう。野良犬は保健所が急いで捕まえないと危険ですからね。

詳しい理由は↓の記事で書いてあります。

ノラ犬は許されないのにノラ猫がセーフな理由を生物学的に説明するよ
日本だと野犬はほとんどいませんよね。しかし、ノラ猫は色んな街にいるもの。この違いは何なのか? 理由を考えてみたことってあります?

まとめ

・猫の方が立体的な動きで多彩なアングルとポーズのSNS映えする写真が撮れる。

・ノラ猫の画像は多く投稿されているが野良犬の写真は少ない。

これがSNSで犬よりも猫の写真が多い理由じゃないかと!