私が科学という宗教を信じる4つの理由

みなさん、科学を信じていますか? 何を信じていますか? どんな理由で信じていますか?

By NASA – http://grin.hq.nasa.gov/ABSTRACTS/GPN-2000-001156.html, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=48209

科学も「信じているだけ」、宗教と同じ

私にとって科学は宗教と大して違いがありません。両方とも「信じるか、信じないか」の問題だからです。

科学を信じているけれども他の宗教は信じていない。それだけのこと。

私が身に着けている科学知識は学校で教えられたり本などで読んだりしたものだけど、それを自分で確認したわけじゃなく「信じているだけ」なんですよね。これは私以外の多くの人がそうだと思います。

世界の誕生について「全知全能の神が作った」みたいなのは宗教で、「ビックバンによって宇宙が生まれた」のが科学だとされます。

しかし、「ビックバンによって宇宙が生まれた」ことを観測して確認しているのは天文学者の人ぐらいでしょう。一般人は自分で確認したわけじゃなく天文学者の発表を信じているだけ。

私も「ビックバンによって宇宙が生まれた」と思っていますが、特に根拠となるデータはもってません。なんとなくです。

他にも「DNAの変化によって生命は進化してきた」とか、「人間の心は脳みその神経によって作られている」「物質は原子・分子のつながりよって成り立っている」などなど、どれだけの科学知識を自分で研究・実験して確かめた人がいるでしょうか。

科学知識は実験などによって確認できるわけで宗教とは別もの。しかし、実際に自分の目で確認して理解しているのは科学者のみでしょう。

「学校で教えられたから正しいはず。科学者が言うんだから事実なんだろう」というのは、

「聖書に書いてあるから正しいはず。聖職者が言うんだから事実なんだろう」とほぼ変わりません。

宗教との違いである、疑問→仮説→観察・実験→考察→結論といった真に科学的なことを実行できているのは科学者のみ。一般人にとっては発表されたことを信じているだけで宗教と似たようなものだと思いますね。

私が科学を信じる4つの理由

科学も宗教と同じく信じるか信じないかの問題。ここからは、私が他の宗教ではなく科学を選ぶ理由を書いていきますよ~

①面白い。新発見と変化がある

これが1番大きい理由! 他の宗教よりも科学の方が圧倒的に面白いと思うんですよね。

生命・宇宙、科学ではワクワクするような新発見がたくさん出てくる。新種の生き物の発見とか、宇宙の構造の解明とか夢がある!

研究によって過去の定説がくずれ、新たな世界が見えてくる。刺激があっていい。

宗教は変化を嫌いますが、科学は変化を好む。ここが他の宗教との大きな違いです。

宗教では教祖の教えが永遠の真理であるされ1000年2000年前の本の内容が事実だとされます。疑いを許さず変化を認めない。

比べて科学はものすごいスピードで変わっていきます。1000年前の常識なんて話しになりません。これからどうなるのか楽しみでしょうがない。

それに世の中を変える新発明も科学によって生まれている。パソコンやスマートフォンを作り出したのは科学であってキリスト教や仏教じゃない。

私の知的好奇心を満足させ、世界を変えていくのは科学。信じるなら面白いものの方がいいじゃないですか。

②死後の世界なんて無い方が気楽。地獄に落ちたくない。

これも大きな理由。科学では死ぬと脳みそが壊れ、意識が消えて無になるだけとされます。しかし、他の宗教では魂などがあり死後の世界に行くことになってますよね。

そして死後の世界が幸せとは限りません。教えを守って天国・極楽的なところに行ければいいけど、地獄などに落ちてしまうと超やばい。むちゃくちゃな苦しみが待っている。

地獄に行く可能性があるぐらいなら、いっそ死後の世界なんて無い方がいいと思いませんか? 死んだら善人も悪人も無になるだけ。

完全な無になってしまうのは怖いけれど永遠の苦しみよりマシでしょう。どんな人でも死後の世界は絶対に幸せ! と言ってくれる宗教なら乗り換えることを検討しなくもないけれど(笑)

③めんどうなルールがない。自由。

科学には生活習慣などを制限するルールがありません。自由でいいですよね。健康を気にするなら注意することはたくさん出てくるけど、まぁそれもやりたい人だけやればいいこと。

多くの宗教にはああしろこうしろ、あれはダメこれはダメ、善行を積め修行しろ、などなど色々なルール・規則・戒律があって大変。特に、食べ物にルールがあるのは嫌ですねぇ(笑)

これは↑の②とも関連します。「言う通りにしないと死んだ後に大変なことになるぞ!」これが多くの宗教の主張。しかし、科学では死んだら無になるだけなんだから自由に生きて自由に死ねる。

④平等である。せこくない

これも②と関係します。「私たちの宗教を信じろ! 言うことを聞け! そうしないと死後の世界で幸せになれないぞ!」こういう宗教が多い。

でも、科学は違います。科学を信じていても信じていなくても、死んだら同じ無になる。平等でいい!

信じている人だけが救われる、私たちの仲間だけが救われる……なんだかせこくないですか?(笑) 心狭すぎというか。

科学は「私たちを信じた方が良いと思うよ」ぐらいは言ってきますが、「信じないと不幸せになる!」とは脅迫してきませんからね。

どんなことでも不平等と差別は無い方がいい。科学はもっとも平等で心の広い宗教では。

まとめ

まず、一般人にとっては科学も他の宗教と同じく「信じているだけ」のもの。そして、私が他の宗教よりも科学を信じる4つの理由は

①面白い。新発見と変化がある

②死後の世界なんて無い方がいい。地獄に落ちたくない。

③めんどうなルールがない。自由。

④平等である。せこくない

いかがでしょうか。科学は1番面白くて平等な良い宗教だと思いますよ!

 

科学に関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる

宗教に関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる

 

私の意見シリーズ

人間の悲しさは『死』を認識してしまったこと!
「そのうち自分は死んでしまう」という問題を認識しているくせに、死なない方法を見つけられない。これこそが人間の不幸ですよね~
『人間中心主義』と、環境問題について考えてみる
別に、人間は人間中心主義でいいんじゃないですか?
唯物史観の視点から、社会の変化を考える ~技術と人間の思想~
なぜ全面戦争は無くなったのか? 女性の地位が向上した理由は? どうしてグローバル化が重要視されるようになったか?