輪切りトウガラシを入れると、簡単に料理がレベルアップ! 超おすすめ!

パスタ! カレー! 特に洋食が一気においしくなりますよ~。マジすごい。

というわけで、今回は輪切りトウガラシについて。

自然な植物の辛さがうまい!

最近になって気付いたんですけど料理にトウガラシを入れるとやばい。一気にうまくなります! 辛さが出て料理の味がキリッとしまる。ぜひ試してみてください。辛いんだけどスッキリ。普通にスーパーで売ってるやつでOK。

「一味トウガラシ」とは違う味。原材料は同じっぽいんだけども……不思議。和食だったら一味でもいいんですよ、うどんとか。でも洋食には赤トウガラシを使うべき。

オリーブオイルともすごく相性がいい! パスタとかカレーにおすすめ。もちろん和食にも合うでしょうけど。

特にカレーは世界が変わりますね。ものすごくクオリティが上がります。一瞬にして本格的な味に。口の中に広がる香りが最高!

赤トウガラシだったら別に輪切りじゃなくてもいいけれど、あらかじめ輪切されたものを使うと超ラクラク。袋を開けて好みの量を入れるだけなので。

切られてない方が安いですがタネを取って輪切りにするのが意外と面倒だったり。

輪切りを使っても3人分の1食で5~10g。値段にして70~150円ほど。この値段で圧倒的に料理がおいしくなるのはコスパ良いと思いますよ~。

もちろん中華にもあり。

2種類の使い方

3か月ほど利用して使い方が分かってきたので紹介します。

①先に油の中で炒める、煮込むときに入れる。熱を通す。

まず1つ目の使い方は他の具材と一緒に熱と水分を加える使い方。パスタであれば具をオリーブオイルなどで炒める最初に、カレーの時はルーを作る時に入れて煮込む。

この方法だと辛さが料理全体に広がります。油の重さが打ち消されスッキリとした味に。

②完成した後に乗せる。熱を通さない。

料理が完成した後にトッピングとして乗せる食べ方。こちらは全体の味には影響しませんが噛んだ時に強烈な辛さと香りが口の中に広がります。熱が通らないので香りが薄まらないんでしょう。

すごく「植物だな!」って香りがして最高。口の中から鼻に抜ける。化学調味料とはぜんぜん違います。

人工的な辛さは味だけなんですよね。香りが無い。でも自然の食材には、ちゃんと匂いがある。匂いのあるなしは満足に影響しますよ~。本物を食べてると実感できる。

まぁ、辛さも薄まってないんで噛んだ瞬間にかなり辛いですけどね。苦手な人は注意しないとやばいレベル。

両方を組み合わせて使うべし

熱を通すと香りが飛んでしまう。噛んだ時に広がる素晴らしい香りを消してしまうのはもったいない! でも、上に乗せるだけだと料理全体の辛味が出ない……

というわけで、今まで書いた2つの使い方を組み合わせるのが良いと分かってきました。半分ずつがいいでしょう。

半分は先にフライパンなどに入れ料理全体にスッキリとした辛さを加える。半分は上からトッピングし噛んだ瞬間の強烈な香りと辛さを楽しむ。同じ製品で2種類の楽しみ方ができる。

あと、もしも高価格の商品を買ったなら香りが良いので熱を通さない方が良いです。フライパンで炒める時に使うなら安い商品で十分。

今まで輪切りトウガラシを使ってない人はぜひ試してみてください。特に、熱を通さず噛んだ時の香りはいいですよ! 安いやつでも一気に料理が本格になります。

まとめ

・赤トウガラシを入れると一気に料理がレベルアップ! 特に洋食。オリーブオイルと相性がいい

・具材と一緒に調理すると全体にスッキリとした辛さが出る。熱を加えずトッピングとして使うと噛んだ時に強烈な辛さと香り。両方の使い方を組み合わせるとおいしい。

管理人のおすすめ料理・食材!

おいしい目玉焼き丼の作り方! ~ごま油&かつおぶし~
サクッと作れて、うまい。良いメニューですよね。我が家でも定番でしたが2つの発見によってさらなる高みに!
しょうが焼きの常識を変えるレシピ! きざみ生姜を使おう!
みなさん、しょうが焼きを作るときに市販のチューブを使ってませんか? それでは本物の生姜焼きは作れない! 丸のままの生姜を買ってきざむのです!  タレなしでもうまいからカロリーも低く!
板チョコにシナモンカシアをかけると、おいしすぎる件について!
今回は、みなさんの食生活を豊かにする情報をお届けします! これ、知らない人は人生を損してますね。それぐらいオススメ。 板チョコにシナモンカシアをかけると、超うまい! ある日私の家族が1つの物を買ってきました。それが↓のシナモンカ...