お気に入りの加工写真 その8

自作の加工写真の中で、管理人が特に気に入っているものを紹介するコーナー第8弾

44枚目

オシドリの夫婦・色反転。オシドリのオスは、色反転しても鮮やかですねぇ。黒い目玉が白くなり、ガラス玉みたいに見えていい感じ。陶器のような雰囲気?

元の写真 © Francis C. Franklin / CC-BY-SA-3.0 [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

45枚目

トラ・色反転。やっぱ青い哺乳類はファンタジー感あります! 青・黒・白でオシャレ。背景も相まって不思議の国?

元の写真 By Hollingsworth, John and Karen, retouched by Zwoenitzer – Fish & Wildlife Service (ID WO0409-33F [1]), Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=39197

46枚目

超・バベルの塔! 題材と加工がかみ合ててお気に入りの1枚。バベルの塔は、ざっくり言うと「人間が調子に乗って、神の領域である天に近づこうと高層建築を作り始めたため、神が天罰を下した」という話。昔からヨーロッパでは絵の題材になってきました。

↓は加工前の、ピーテル・ブリューゲルの名画。スケール感が素晴らしい! 話の内容に比較的忠実にすると、バベルの塔はこのような高さになるでしょう。古代の話なので、300m500mもあったはずがありません。しかし、現代の感覚で言うと少し低いと感じてしまいます(笑)

そこで私は思いっきり縦に引き延ばしています! その結果、まさに現代の高層建築な雰囲気に! まさにバベルの「塔」! 超バベルタワー! 高さが強調されて良いと思いません?

まぁ、名画を加工してしまうなんて恐れ多く身の程知らずではあるんですが……しかし、写真だけでなく絵も加工してみると面白かったりするんですよね。パブリックドメイン=著作権切れの作品なので、許していただきたい所!

モナリザとか好き放題されてますしね(笑) なんにせよ描いた本人が知ったら激怒しそうですが。

By ピーテル・ブリューゲル (1526/1530–1569) – Levels adjusted from File:Pieter_Bruegel_the_Elder_-_The_Tower_of_Babel_(Vienna)_-_Google_Art_Project.jpg, originally from Google Art Project., パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22179117

47枚目

反転・有田焼き。白磁機色反転シリーズ、開始! 今までは植物の色反転・動物の色反転をやってきましたが、次は白い陶磁器です!

私は主にウィキペディアの写真を加工しているわけですが、「何か面白くなりそうな写真は無いかな~」とぼんやりウィキペディアの中を散歩していると、ふと白い皿が目に入ってきました。「…………白い焼き物、反転すると黒くなるはず! これはいける!」と閃きが走った!

絵にしろ加工写真にしろブログ記事にしろ、アイディアを閃く一瞬ってのは最高ですね! まぁ、そのアイディアを実行してみたら意外とダメだったりしますが……(笑)

しかし、これは色反転してみたら予想通りにオシャレでいい感じ。白と黒の逆転というのはインパクトありますし。↑の有田焼きのお皿も黒くてかっこいいと思いません? ちょっと漆器みたいな感じ。食器としては使えない色合いだけど(笑)

こっちは加工してないオリジナル。非常に素晴らしいけど、見慣れた感じ。色反転した黒バージョンもありだと思うんですが、いかかでしょうか。

By No machine-readable author provided. N@ldo assumed (based on copyright claims). – No machine-readable source provided. Own work assumed (based on copyright claims)., CC 表示-継承 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1285623

48枚目

Hallwyl Museum / Jens Mohr / CC BY-SA [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0) or Public domain], via Wikimedia Commons

黒ポット。今度は西洋の白磁を色反転。「日本の白い焼き物がいけるなら、西洋の白磁器もいけるやろ!」ってことで作成。

う~ん、こっちの方がさらに良いかも! 光源が反転してるので模様が内側から光ってるように見えるのもファンタジー。魔法のアイテム的な雰囲気がありますよ。中には魔女の薬が入ってるに違いない(笑)

49枚目

Hallwyl Museum / Jens Mohr / CC BY-SA [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0) or Public domain], via Wikimedia Commons

黒食器。いや~、いいですね! めちゃかっこいい! 土台の黒・縁取りの青・花の幻想的な緑、個人的には大のお気に入り。完全にファンタジーの中のアイテムですわ(笑) かっこよすぎて厨二病的ですけど。

こんな食器があったらほしいですが、一般人には似合わないでしょうね。魔女・吸血鬼・悪魔ぐらいじゃないと。

黒磁器シリーズ、実際にあってもいい気もします。今まで作られてないのはやっぱり食事に合わないからなんでしょうか 確かに食べ物を乗せたり飲み物を入れるには向かない色合いだとは思います。

前 その7

次 その9