尾形光琳の作品ギャラリー ~琳派の代表格!~

天才装飾画家、尾形光琳の作品を大きめサイズで並べてみる。作品は順不同。この人は作品の年月日とかが、あんまり詳しく伝わってないんですよね~。

燕子花図屏風

秋草図屏風

波図屏風

八橋図屏風

躑躅図

風神雷神

紅白梅図

八橋蒔絵螺鈿硯箱

尾形光琳

尾形光琳(おがたこうりん、1658年- 1716年7月20日)は、江戸時代の画家・工芸家。後世に「琳派」と呼ばれる人々の代表格。琳派は背景に金銀箔を使ったり大胆な構図を特徴とします。光琳も鮮やかな色彩感覚が素晴らしいですねぇ。

光琳は京都の呉服商「雁金屋」の次男として裕福な子供時代を送ります。当時の京都は江戸と並ぶ大都会であり、光琳も「都会的なセンスを持つ画家である」的なことをよく言われますね。

しかし、最終的に雁金屋は没落。それでも光琳は遊び人として暮らし続け、ついには借金生活に。

光琳が画家として本格的な活動を始めるのは40代になってから。その理由は経済的困窮と、恋人たちや妻への見栄が大きかったと考えられています。

「金に困ってきたから、おしゃれな絵を描いて稼ぐか!」というのは、何とも都会的と言いますか、遊び人として生まれ育った感が(笑)

ちなみに弟である「尾形乾山」も陶芸家として有名。こちらは落ち着いた性格だったようですが、兄弟で芸術家になるとはそういう一族だったんですねぇ。

こちらもどうぞ

https://souzouryoku.com/recommendation-painter/