MSペイント イラスト講座

無料ソフトですが、MSペイントだけでも色々描ける! windowsの「ペイント」機能でのイラストの描き方を解説するページです

ただし、人物画・風景画などの参考にはならないと思います。このサイトに載せている、幾何学系・抽象系のイラストの描き方の解説になります

①「図形」を利用しよう

意外と図形を使っている人は少ないのでは? 上のブラシの横にある「図形」を利用すると、表現の幅が広がります

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、↑ざっくりここら辺

注目すると意外と多くの種類の図形があると気づくはず。さらに、これらの図形は「大きさを変える事」ができます。上下左右の線や角にマウスを合わせてください、色々と調整できます


↑こんな感じに

②図形を「重ねよう」

図形は重ねる事が出来ます。これによって「複雑な形」を生み出すことができます。重ね方次第で面白いものができたりします

↑色々と形が作れます、アイディアしだい!

③「輪郭」の太さと色も変えられる

見落としがちですが、図形の輪郭の太さと色も変えられます。地味な事ではありますが、上手く使うと見栄えがランクアップしますよ

↑同じ○でも、印象が変わってきますね

④ブラシにも種類がある

・次はブラシに注目です

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、↑ここにあります

実は単純な線だけでなく、様々な線が書けるの! 絵を描くときにはブラシも選んでみましょう。これは人物画・風景画にも利用できるかも?

↑まずは、上から「普通のブラシ」と「カリグラフィ」、カリグラフィは太い短いが途中で変わります

↑上から「スプレー」「油彩」「水彩」、油彩・水彩は複雑な濃淡になります

↑最後に、上から「クレヨン」「マーカー」「鉛筆」、ファンシー・かわいい系のイラストに使えます

⑤ブラシは図形の「輪郭」と「塗りつぶし」にも適用される

さて、ここで図形の話に戻ります

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、↑次はここに注目!
図形には「輪郭」と「塗りつぶし」がありますが、実はこれらにも上のブラシと同じ種類があります。表現に幅が出るのでぜひ覚えておいてください

⑥自分が欲しい色を作ろう

・次は右上の「色の編集」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、↑ここ
このボタンをクリックすることで自分が欲しい色を作れます。色のバリエーションが圧倒的に増える、重要なポイント。ただし、「発色はあまり良くない」ので妥協も必要

↑こんな感じの「色のグラデーション」も作れます

⑦細かい作業は「拡大」で

・初級編の最後はツールの中の虫メガネのマーク、「拡大」です

、、、、、、、、、、、、、、↑この中の、虫メガネのマーク

これを使えば画像のサイズはそのままに、視点だけズームできます。細かい作業が一気に楽になるので、覚えておきたいポイントです

 

ここからペイントのイラスト講座、上級編。だいぶマニアックな内容も含みます。ですが、活用できるようになればこのサイトのイラストは、ほとんど再現できるはずです

①「大きさ」を変更しよう

イラストの大きさを後から変更する事もできます。上のメニューでブラシなどの左にある「サイズ変更」に注目です

、、、、、、、、↑ここの「サイズ変更」

特に重要なのが単純な大きさだけでなく、「水平」「垂直」の大きさも変えられるところ。面白い形ができますよ

上のハートを水平に拡大したイラスト、横にだけ伸びます

上のハートを次は垂直に拡大、縦に伸びます

②「回転」を使って、図形やイラストを回そう

・図形は固定する前なら色々と手を加えることが出来ます(周りに点線が付いている時です)。この時に「図形を右クリック」でメニューが出ます、その中の「回転」に注目。

これを使えば上下左右に図形を回せます。工夫次第で新しい形が作れます

←上のハートを左に回しました

さらに図形ではなく、「イラスト全体」を回転させることもできます。上でのブラシなどの左にある「回転ボタン」に注目。視点が変わるので、新しい発見があったりしますよ

、、、、、、、、↑ここです

↑の形を左に回しました

③「選択」する事で、色々加工できる

・次は上のメニューの左端近くにある「選択ボタン」

、、、↑ここ!

決められたエリアを「選択」することにより、そのエリア内で今まで紹介した「大きさの変更・回転」などをすることができます。他にも「トリミング(切り取り)」「コピー」も可能

選択の仕方としては四角形選択・自由選択・すべて選択、の3つがあります。自由選択・すべて選択は使い道が広い。自由選択でトリミングして、写真の加工なんかもできたりしますよ!

④コピーと貼り付けを使いこなそう

上の選択したエリアはコピーすることも可能。同じ図形をそのまま増やしたりできます。コピーしたら右クリックで貼り付け

さて、ここが一番マニアックなポイント! 上のメニューの左端に「貼り付けボタン」があります

↑ここに注目です!

クリックすると普通の貼り付けの他に、「ファイルから貼り付け」もあります。これは見たまま、すでにある画像ファイルのイラストを貼り付ける、ということ。これに今までの大きさ・回転を組み合わせると左右対称なイラストが作れます!
←例えば、これを4つ使って
←こんな感じのものが作れます

⑤「色の反転」も試してみよう

イラストの色を反転させることもできます。上の「選択」をして右クリックすると、大きさ・回転などの下に「色の反転」があります。これは文字通り、選択した範囲内の色を反転させるというもの。予想外の色ができあがって面白いですよ

←これを反転すると
←こんな感じになります

選択と組み合わせて、ある部分だけ反転させたりもできますよ!

⑥小ワザ 選択+Shiftキー

最後に小ワザとして「選択+Shiftキー」を紹介します。ある範囲を選択したまま「Shiftキーを押して動かす」と連続コピーができます。非常に面白い線が描けるので一度はお試しあれ

↓この四角を選択してからShiftキーを押しながら動かすと

こんな風になります!
さらに、上下左右で色合いが変わります

イラスト実践編

ここから実際にペイントでイラストを描くときの過程を紹介します。みなさんも、ぜひ描いてみてくださいね~。

↓のイラストを描いてみます

①色のグラデーションを作る
その後、間隔を調整しながら線を引く

→の色の編集を使って緑のグラデーションを作りましょう
②図形の〇の黒い「輪郭」で形を作る

ここで図形をを利用です
③グラデーションに合わせて色を塗る


④選択ボタンのすべて選択で、色の反転

↑ここで選択ボタンを使います

こんな感じで完成!

もう一つサンプル、↓のイラストの工程


①キャンバスの大きさを変更

元々はこういう正方形ですが(見やすいように輪郭線を付けてます)
横を短く、縦を長くすることで
←こうなります

②図形を使っていく

どんどん図形を使っていきます

③色を塗る

一番右が完成形! 輪郭線の色を変える事で一体化させてます

写真加工

ペイントで画像・写真を加工する事もできます。無料ソフトで意外と色々可能なのです! 今までに紹介したテクニックを使いましょう。簡単に面白いものができますよ!

①コピーと貼り付け

②色の反転

↑この写真の色を反転させると

こうなります

③コメントの追加


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,↑ツールの中の「テキストボックス」を利用すると


↑この写真に


こういう風にコメントを追加する事も可能です

④その他

ペイントを使って画像を縮小・圧縮する事もできます。サイズを変更して小さいサイズにしてから保存しましょう。無料ソフトでお手軽に縮小可能!

他にも「選択」「切り取り」「貼り付け」などで、写真のトリミングもできますよ! ペイントでも意外と色々できるのです。みなさんも使ってみてくださいねー