私に雑記ブログが合わなかった3つの理由

ブログを始めて2年半、今まではいわゆる雑記ブログを運営してきた私。しかし、最近になって「自分には特化ブログの方が合ってるんじゃね……?」と気付いてしまったのです!

そこで今ご覧いただいてる雑記ブログ「想像人の部屋」から、web小説・漫画を紹介する記事などを中心に特化ブログ「無料webコンテンツの目録」に引っ越し。

サクヒンハッケン

タイトル通りweb上のコンテンツを紹介しまくったり作品の面白い部分を語るブログになる計画で、今後はこっちをメインに更新予定。

この記事では私に雑記ブログが合わなかった理由を書いていきたいと思います。何かしらの参考になれば。

①写真を取る習慣が無い

買った物・食べたもの・行った場所などの紹介、こういうやや日記に近いタイプの記事でも作り込めば良質で読者にとって役立つ記事になります。感想とかレビューですね。私自身の他の人のブログを読んで買う買わないの参考にしたりしますし。

しかし、これ系の記事を作るときに必要なものがあります。それが写真。文章だけで書かれても、ちっともイメージがわきませんから。色・大きさ・質感、こういうのは写真があってこそ分かる。

でも私は写真を撮る習慣ないんですよ。ものを買っても食べても、全然写真を取らない。twitterもやってますが写真はまったく上げてません(笑) 目的のものがあると撮るのを忘れて集中しちゃって気づいたときにはグチャグチャなのがいつものパターン。

もちろん今まで習慣がなかったなら、これから新しく始めればいいだけの話。でも、どうにも面倒くさい。行動する前に写真を撮るタイミングを考えて、納得するまで取り直して、データをパソコンに取り込んで……

「写真を撮るのが面倒くさい」、こう思う時点で読者のサービス精神が足りてませんし雑記ブログには合わないんじゃないかと思ったわけです。特化ブログなら内容によっては自分で撮った写真なんて要りませんからね。

②顔&本名の非公開、「自分」をオープンにするつもりがない

これも大きいポイント。イケダハヤト氏、ヨッセンス氏、はあちゅう氏……雑記系ブログで大人気の人たちは顔・本名の最低どちらかは公表している気がします。

もちろんヒトデ氏みたいに両方出してなくて100万PVの人もいますけどね。

しかし、基本的に雑記ブログで上を目指すなら顔・本名のどちらかは公開するべきだろうと私は思っています。

同じ記事だったとして、ニックネームだけの人と、顔・本名を出して「これが私の意見だぁ~!」と堂々としている人のどちらの方が面白くて読みたくなるかって話。

私は顔出し・本名の人のブログが読みたいですねぇ。やっぱり存在感と信頼性が違いますよ。ただの「ネット上の情報」ではなく、「その人の意見・生活」だと感じられる。ブログじゃないけどyoutuberのみなさんだって顔出しが基本ですし。

でも、私は顔も本名も出す勇気が無い。そもそもブログをやってることも親しい人以外には言ってませんし……変に知り合いに見られても困る。炎上とかも怖いし。

どうにも私は「自分」を堂々と公開するつもりが無いらしいんですよねぇ。実体験を書いた記事も少ないし。雑記ブログは自分自身を看板にするものだと思いますが……

そもそも自分をオープンにするつもりがないやつがなんで雑記ブログなんて始めちゃったの? って話なんだけども、2年半たってようやく気付いたんですよ。

私が語りたかったのは「私」ではなく、「私が好きなもの」だったと言えるでしょうか。そうなると好きなものである漫画・小説などに特化したwebサイトでいいわけで。

③PVを狙うと浅い記事になりがちだった

まぁ、今まで書いてきたことを気にしなくてもブログは運営できます。実際にそういう人も多くいるでしょう。

しかし、私は一応PVを伸ばすことも狙ってるんですよね。せっかくやってるんだから、どんどん成長させていきたい。自分だけのメモではなく、他人の役にも読まれて参考になる記事を書きたい。

ところが写真付きの優良レビュー記事も書けず、本名・顔出しで実体験をもとにした説得力のある意見記事も書けない、そんな人間がPVを狙うと浅い記事が多くなっていた。なんだかネット上の情報を表面的にまとめ直しただけだったり流行りに乗ってみるだけだったり……

これはどうも良くないな、と思ったんですよ。誰でも書けてしまう、個性の無い、PVを狙っただけの記事だらけのブログ。そんなものを作りたくてブログを始めたわけじゃない(笑)

もうちょっと自分の個性と強みを活かして、なおかつPVも伸びるブログにするにはどうすればいいか? そう考えてブログの再分析すると、web小説・漫画の記事はPVも多く自分の好みが反映されている。「じゃあ、こっちの方向に特化しよう」と。

実際「無料webコンテンツの目録」の方が濃いwebサイトになってるのでは。これからも濃くしていける手ごたえはあるし。

こちらの「想像人の部屋」の方はPVなんて気にせず書きたいことを書くメモ帳として使っていくつもり。

まとめ

①写真を取る習慣が無い

②顔&本名の非公開、「自分」をオープンにするつもりがない。私が語りたかったのは「私」ではなく、「私が好きなもの」だった。

③PVを狙うと浅い記事になりがちだった

これらが私に雑記ブログが合わなかった理由。

雑記向きの人と、専門特化向きの人がいるんじゃないかと。私は専門特化の方が合っていたと今さらになって気づく!

雑記ブログで伸び悩んでいる人は、意外と特化ブログにしてみたらやりやすくなるかも?