日本の英語教育は良くないと思う! 「勉強するべき理由」を教えろ!

細かい文法などを教える前に、まず生徒のやる気を引き出すべき。収入アップのために必須!

日本人は英語が苦手

日本人って割と英語が苦手な人が多いですよね。最近では外国からの観光客なんかも増えましたが、話しかけられてスムーズに受け答えできる自信がある人って少ないのでは?

管理人も英語が上手く使いこなせません。大学まで卒業しましたが、まだまだ自信ないですよ。

教育期間は長い

でも、日本の学校教育でも英語は教えられています。というか、すごい長い時間やっているはずです。中学に上がると確実に英語の勉強が始まりますし、高校でもがっつりやります。大学に行っても英語の学習は基本的にあるでしょう。

中学校と高校で6年間、大学まで入れると10年間です。6年も10年も同じことをやってたら上手くなってて当たり前。

日本人は学校で長い間英語の勉強をしてるのに、どうして英語を使いこなせないんでしょう?

結論から言うと、教え方が良くないんだと思います。教育期間は長くても教え方がダメ。これは管理人以外にも色んな人が言ってますよね。

というわけで、ここからは何がどう良くないのかちょっと意見を書いてみたいと思います。

①英語を勉強するべき理由を説明しない

これが一番だと思いますね。なぜ、学生は英語を勉強しなくちゃいけないのか? どうして英語を勉強した方がいいのか? 英語を勉強するメリットとは?

日本の学校教育って「勉強するべき理由」を説明してくれない気が。

勉強するべき理由が納得できれば、やる気も出るってもんですよ。勉強した方が自分に得なら真面目に勉強しますって。やる気が出ないのは勉強するべき理由がさっぱり分からないから。

それなのに理由をあまり説明してくれない気がしますよ。数学を勉強した方がいい理由は? 古典を勉強した方がいい理由は? そして、英語を勉強した方がいい理由は?

英語を使えると稼げる!

ぶっちゃけ、今でも数学や古典を勉強するべき理由を私は分かっていません(笑) 勉強してもしなくても大して変わらなかったような。まぁ、数学は理系の人なら使うんでしょうけど……

でも、英語を勉強するべき理由は良く分かっています。それは「英語を使いこなせた方が、お金を稼げる」ってことです! 学生時代に英語を勉強することは未来の自分の収入を増やすことにつながる!

みんな、お金は大好きでしょう。「英語を使えた方が将来の収入が増えるんだ!」と思えば必死になって勉強しますって。

というかですね、もうちょっと正確に言うなら「今の時代、英語を使えないと高収入の仕事はできない」と言うべきかもしれません。

最近の世界はめっちゃグローバル化してます。日本だって外国とのつながりが増え続けてますよね。そんな状況で英語を使えないってのは不利なんですよ。

英語を使う仕事

まず、学校の話しで言えば英語の成績が高い方が良い大学に行ける確率が上がります。良い大学に行けると良い企業に就職できる可能性も上昇。まぁこれは今さら言うような話ではないですね。

次に、就職活動の時にも英語は重要視されるようになっています。これは私の実体験ですが、大企業のエントリーシート(応募用紙)には「TOIECの点数または持っている英検を書く場所」があったりします。

正確な内部事情は知りませんがそこに書いてあるTOIECや英検の成績が悪いと落ちやすくなると考えるのが普通でしょう。明らかに、英語が上手い方が就職活動に有利な時代になってきてるんですよ。

さらに、外資系とか海外事業がメインの企業だと「留学経験の有無」についてエントリーシートや面接で聞かれることもありました。ペーパーテストの成績だけでなく、もっと実践的な英語能力を学生に求めているのでしょう。

最近は大企業なら海外展開してるのが当たり前でしょう。日本国内だけで活動するより海外でも活動した方が売り上げが増えるのは当然の話。説明会に行った企業でも「若手のうちから海外勤務もあり得るよ」的なことを言われました。

中小企業の場合、就職活動で英語の能力をチェックされることはあまり無かったです。しかし、ニュースやテレビ番組では中小企業の海外展開が紹介されることも増えてきてますよね。

日本は少子高齢化社会になっています。中小企業こそ生き残りをかけて海外に飛び出していく必要があったりする

そして、そういう状況になった場合に海外展開を任されて重要かつ高収入の仕事を頼まれるのは英語を使いこなせる人でしょう。

また、ここ数年で日本に来る外国人観光客が急増しています。日本人が外国に行くだけでなく、外国人の方から日本に来る場合だってあるわけで。

ホテルはもちろんのこと、デパートの店員などにも英語による接客能力が求められる時代になってしまいました。英語による接客ができない人は評価が下がるでしょう。現場の人は大変だろうと思いますねぇ。

さらに、地方の観光地などにも外国人がやってくることが増えたので英語で対応できる人が多い方が圧倒的に有利です。

英語で適切な対応ができれば満足度が上がり、ツイッターなどで紹介宣伝してくれるかもしれません。英語で説明した方がおみやげなども買ってくれやすいでしょうし。

それに観光地には「英語のホームページ」ってのもあった方がいいんですよね。外国人観光客が増えてきた今、日本語のホームページだけじゃ不十分でしょう。

英語でしっかりとしたホームページを作っておけば、それを見てやってくる外国人客の数が増えるかもですよ。

日本人でも英語のホームページしかない観光地より、日本語のホームページもある観光地の方が安心していけますもんね。

「英語を使えると稼げる」って教えるべき!

今まで書いてきた以外にも英語を使う仕事は多くあるでしょう。英語を使えた方が色々な仕事をできる、つまり収入が多い仕事もしやすい。これは今となっては確実な話。

就職活動にも、就職してからも英語は必要。英語を使えない人より、英語を使える人の方が稼ぎやすい。

そして、これを学生にしっかり説明しておかないと。この記事で書いてきたような英語と仕事の関係をきっちり教えておくべき。英語を教える前に、まず「英語を使えると稼げる」ってことを教える。

英語の勉強と、未来の自分の収入が直接的な関係にある。それが納得できれば学生だってもっと真面目に英語を勉強すると思うのですが、どうでしょうか。

こういうことを言う学生がいます(というか管理人も言ってました……)「海外に行くつもりなんてないから自分には英語はいらない」

もう、そんな時代じゃないですよね! 日本で暮らしていても英語は使えた方が圧倒的に有利。英語のホームページが作れる、外国の企業と取引ができる、外国人の観光客にサービスを提供できる……英語を使えた方がいい状況は山ほどあります。

英語を教える前に「英語を勉強した方がいい理由」をじっくり説明するべき。たっぷりと時間をかけて丁寧に。

生徒が「なるほど。確かに、英語を使いこなせるようになった方が良い人生になりそうだぞ。」と納得すれば、やる気も出るってもんですよ。

今、管理人はやる気をもって英語を学習しています。「英語のブログを作って海外の人に日本の情報を発信する!」という目標があるから。

自分の目標のためにはもっともっと英語を学習しないといけないと分かっているからです。

もうちょっと早くに、このやる気モードに入ってればね……今から思えば高校時代からもっと英語を真剣に学習しておくべきでした。

でも、やる気が出なかったんですよ。だって、英語を勉強する理由が分からなかったから。自分には英語なんていらないと思ってたから。

細かい文法などを教える前に、まず生徒のやる気を引き出す。英語を勉強するメリットをしっかり説明する。それが重要でしょう。

②テスト用の知識しか教えない

これも大問題です。日本の英語教育は「実践的に英語を使いこなせるようになるための学習」ではなくて、「英語のテストで良い成績取るための勉強」になってしまっています。

そのせいで、「読み」と「聞く」ばっかりするんですよね。「書く」と「話す」は少ししかやりません。だってテストに出ないから。

リーディングとリスニングって、テストが作りやすいんですよ。選択肢を用意しておいて、生徒が正解を選ぶかどうかで簡単に採点できますから。

しかし、ライティングとスピーキングは採点しにくくテストを作りにくい。先生がいちいち生徒の英作文を読んでチェックしたり、生徒と英会話をして発音などを確かめる必要が出てくるので。

テストを作りやすいリーディングとリスニングばっかりやって、細かい部分で点数の差をつけて、ライティングとスピーキングは少ししかやらない。だから書けないし話せない、英語を使いこなせない人が多い。

実践的な能力ではなく、テストの点数を中心にした教育になっている。これじゃダメです。英語教育の目的は「英語のテストの点数をあげる」ことではなく、「実践的に英語を使いこなせるようにすること」のはず。

今のテストを中心にした英語教育を見直し、もっともっとライティングとスピーキングを増やす。点数だけでチェックするのではなく、点数では判断できないような実践的な英語能力を見る。そういう英語教育が必要だと思いますね。

まとめ

日本の英語教育は教え方がダメ

・①英語を勉強するべき理由を説明しない。英語を使えるようになるメリットが納得できれば、やる気も出るでしょ。今や収入アップのためには必須

・②テスト用の知識しか教えない。テストを作りにくいライティングとスピーキングは少ししかやらない。