ファンタジー作品の下調べにぴったり! 便利サイト「tiny tales」を紹介!

モンスターだけでなく武器防具、職業、アイテム、など幅広い分野について書いてあってすごく参考になります。

「tiny tales」、西洋ファンタジー作りの便利サイト

今回はおすすめのホームページとして、「tiny tales」(たいにーてーるず)を紹介してみます。

副題として、~西洋ファンタジー用語ナナメ読み辞典~、と名乗っていられるようにファンタジーに関係する言葉を解説しているホームページ。

西洋ファンタジー作品に興味がある人は1度見てみると良いと思いますね! 特に、創作をしたい人は必見ですよ。私はだいぶ知識を増やしていただきました。

また、それぞれの用語に自作のイラストまであって作者様のファンタジー好きが伝わってきます! 全体では500ページはあると思うので、すごい労力でしょう。特に調べたいわけでもない単語も見て回ってしまって楽しく時間を消費してしまう(笑)

まぁ、ドラゴンとかエルフなどの有名どころはwikipediaとかニコニコ大百科の方が情報量が多かったりはします。しかし、tiny talesの特徴はマニアックな用語も解説されてるってところ!

バッカニア、バンディット、エストック、バックラー、などなど……特に「ゲーム内で使われてるけど意味が分かってなかった単語」については理解度が上がること間違いなしですよ!

さらに「英語以外のつづり」も非常に細かく調査されています。一般的な英語風ではなくドイツ風とかロシア風の雰囲気にしたい場合も参考になりそう。

例えば、日本語で言う「騎士」はこんな感じとのこと。

Knight(英)ナイト/Chevalier(仏)シュバリエ/Cavaliere(伊)/Ritter(独)

10年以上前から運営されていて、ゆっくりだけど更新は今でも続いている様子。管理人様のファンタジーへの熱意にはすごいの一言。レイアウトは流行りのブログ方式ではなく、古き良き「ホームページ」タイプですね。

特にオススメの部分

tiny talesの中でも、特にオススメの部分を紹介。必見です!

防具

管理人様は中世ヨーロッパの鎧、盾、兜について強い興味を持っているようです。他の部分よりもマニアックに掘り下げてあり面白い。

イラストもあって分かりやすく、ここを読むだけで中世の防具について一気に詳しくなって細かいイメージができるようになりますよ!

まぁ、ちょっとマニアックすぎて小説なんかには知識が活かせないかもしれませんが……(笑)

世界地図

これは超すごいコンテンツ。まず、現在の地球上にある国の場所を見ることが可能。

さらに! 過去に滅びた帝国の場所まで見ることもできる! 古代ローマ帝国とか、ムガル帝国の場所と大きさが一瞬で分かる。これは便利

ホームページの特性上、ヨーロッパの国が中心だけどそれでもすごい。ファンタジーに興味なくても世界史の勉強になるので必見です。

グダグダと紹介を書いてきたけれども、私の文章なんぞより実際に行ってみればtiny talesの面白さはすぐに分かります。ファンタジーに興味ある人は、ぜひどうぞ!

まとめ

・ファンタジーに関係する言葉を解説しているホームページ。

・モンスターだけでなく武器防具、職業、アイテム、など幅広い分野について書いてあってすごく参考になる。

・特に、防具と世界地図のコーナーは必見!

 

こちらもオススメ