感動は恐怖と似ている気がする 

感動ってよく分からない感情だと思いません? 分類しにくいというか……

というわけで、今回は「感動と恐怖」について書いてみたいと思います。ただし、私は脳科学などの専門家ではなく、この記事は一般人が自分の体験と知識だけで書いているものであることはご了承ください。

感動って謎の感情

私は音楽で感動することが多いでしょうか。オーケストラ・アカペラとかのクラシック系が好みです。あとはきれいな空を見て時も感動して泣けてきますね。

しかし、そもそも「感動」って割と謎の感情だと思いませんか? 分類しにくいというか……

良い感情(+)と嫌な感情(-)の2分類で行くなら、感動が+方向であるのは間違いないでしょう。ものすごく良いものを感じて、心が動き、気分がすっきり。

しかし、これを冷静に考えてみるとよく分からない。「嬉しい」「楽しい」なんかは分かりやすいけど「感動する」ってどういうこと?

他の生物を例に出すと理解しやすいはず。例えば、チンパンジーは感動するのでしょうか? チンパンジーは喜んだり遊びを楽しんだりするとは思いますが、感動することはあるのか。少なくとも私は「チンパンジーが何かに感動した」という話は聞いたことがありません。

いまいち分からない感情なんですよねぇ。

漢字からして分からない。「感情」が「動く」って言われても? 動くってどこにどんな風に動くのか。

恐怖と似ているのではないか

さて、こうやって感動について考えている内に私は1つのアイディアを思いつきました。それが「感動は恐怖と似ているのではないか」ってことです。

この2つの感情には有名な共通点がありますよね。そう、鳥肌(とりはだ)! 恐怖を感じた時に鳥肌が立ちますが、感動をした時にも鳥肌になるもの。両方ともゾクゾクっとして肌が動く。

単純な「喜び」「楽しさ」「面白さ」「笑い」などでは鳥肌が立つことはないはず。+な感情なのに鳥肌が立つ、これは重要なポイントなのでは。

また両方とも頭の中が真っ白になるのも似ています。「自分」が消えると言いますか。

私のイメージを図にすると↓みたいな感じ。自分の心の範囲を飛び出してしまう強い心の動き、それが感動と恐怖なのでは。

+と-の方向の違いはあるけれど、起きていることは似ている。大きなショックで心の容量を超える。だから頭の中が真っ白になってしまう。

感動とは、プラス方向への恐怖であり

恐怖とは、マイナス方向への感動である

こう考えてみると少なくとも私の中ではしっくりきました。みなさんはどう思いますか? 脳科学の視点から見るとどうなんでしょうか……

ホラーが人気があるのは、感動と近いからでは

恐怖=マイナス方向への感動、これが正しいならホラー作品が人気の理由を説明することもできます。世の中には大量のホラー作品がありますよね。ゾンビ・エイリアン・殺人鬼・幽霊……

わざわざ恐怖を感じようとする理由は何か? これも考えてみると謎じゃないですか? 恐怖から逃げたい気持ちは分かりやすいけど、自分から恐怖に近づくってどういうこと? 私は長い間不思議に思ってました。

強い恐怖には感動と同じような効果があるのではないか。頭の中が真っ白になり、貯まっていたものが洗い流され、終わった後は心すっきり。

もちろん、人間が自分から恐怖を求める原因は色々とあるだろうけど「恐怖=マイナス方向への感動」も理由の1つじゃないかと。

まとめ

・「感動」って割と謎の感情。分類しにくいというか……

・感動は恐怖と似ているのではないか? 両方とも鳥肌が立つ。

・感動とは、プラス方向への恐怖。恐怖とは、マイナス方向への感動。だからホラー作品には感動と同じような効果があって人気なのでは。

感動に関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる

 

恐怖に関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる

 

こちらも心の動き!

『カタルシス』とは? 破壊や悲しみなどによる、感情の発散・心の浄化
やってはいけないことを思いっきりやると、心がすっきりしますよね~。そういうことですよ!