お気に入りのイラスト その14

自作のイラストの中で、管理人が特に気に入っているものを紹介してみるコーナー第14弾

79枚目

ゼンタングルもどき。これは私のイラストには珍しく、明らかに他人の作品から直接に影響を受けて書きました。

それは「ゼンタングル」というジャンルです。ゼンタングルアートとは、2004年ごろにアメリカでリック・ロバーツとマリア・トーマスの二人が発案したもの。

語源は、アメリカでも人気のある仏教の禅(ZEN)とTangle(絡まる)の組み合わせ。純粋な美術の手法ではなく、精神的なリラックスなどを主目的としたジャンル。

基本的に手描きであり、枠組みの中を色々な模様で埋めていくのが特徴的。自由に枠組みを描き、自由に模様で埋めていく。それがゼンタングル

さて、ここからは私の話。初めてゼンタングルを見た時に「おお! すごい! 描いて見たい!」と思いました。幾何学的で抽象的、私の好みです。

しかしですね、私はMSペイントを使って絵を描くことにしています。いきなり手描きにいくのもどうなのか……? というわけで、MSペイントでゼンタングル風のイラストを描いて見ることに。

そんな流れで描いたのがこの1枚。雰囲気だけは似てますが、本流のゼンタングルよりもシンプルで平面的ですねぇ。

まぁ、マウス&MSペイントでは手描きのような曲線は引けませんし、そもそも私の技術力が低いんで、これぐらいが限界でしょうか。

でも今までのイラストとは違った雰囲気でお気に入りです。中々良い感じで幾何学ってるような。こういうのも自分だけで考えてては思いつかなかったでしょう。他人のアイディアというのは幅を広げてくれますね。

80枚目

ゼンタングルもどき2。いやー、これ系のイラストを描いてる時は楽しいですね。初めから完成系をイメージして微調整していくのではなく、自由な直感で図形を並べまくる! 確かに精神的なリラックス効果がありそうです。

81枚目

白黒いっぱい図形。しかしですね、↑の2枚を描いて見てMSペイントでのゼンタングルもどきに限界も感じました。

やっぱねー、ゼンタングルの作風って手描きの繊細な曲線が合ってこそなんですよ。MSペイントで直線的な図形を利用するしかない私には描き続けられないジャンルですわ。

というわけで、さっそく別の方向性に。↑のゼンタングルもどきの2枚から「細かい図形を大量に並べる」というアイディアを転用。図形を並べてるだけですが、なんとなくオシャレな雰囲気じゃないでは?

82枚目

水草? 水草というか影絵的というか。初めは5本全部に図形を描きこもうと思ってたんですが、やってみるとくどい。ゴチャゴチャしすぎ。施行錯誤の結果、2本に落ち着きました。こっちの方がすっきりしてていいでしょう。

ゼンタングルの複雑さってのも上手くやらないとダメになっちゃいますね。ペタペタと平面的な図形を貼りまくるだけじゃ面白くなりにくいです。

83枚目

白黒図形。これはゼンタングルって感じじゃないですね。途中まではゼンタングルっぽく図形だらけだったんですが、どうにもまとまらないのでシンプル路線にしました。直線だけのシンプルさってのいいもんですよ。

84枚目

試験管と気泡? 白と黒だけ、モノクロの世界ってのも好き。独特の雰囲気ありますよね。単純だからこそ想像力が広がるというか。

これもゼンタングルの流れで思いついたイラストだけど、本流よりもだいぶシンプル路線。MSペイントで私が作るなら、これぐらいの感じがいい気がします。

というわけで、今回はゼンタングルとの出会いからゼンタングルもどきの作成と、その限界、そして施行錯誤の流れでした。

素晴らしい他人のアイディアを発見するのはいいことだし、それを真似するのも勉強になりますし、それを土台に自分で施行錯誤するのも楽しいですね!