『ゴシック・リヴァイヴァル』 再発見と、意味の拡散

みなさん、「ゴシック」という言葉にどんなイメージ持ってますか? 黒・神秘・ファンタジー、どういったイメージはこの時期に作られたもの!

(この記事の画像は全て、ウィキペディアより)

というわけで、今回は「ゴシック・リヴァイヴァル」。18世紀後半から19世紀にかけて起こった、ゴシック様式建築の復興運動。そして、そこから始まったゴシックの再構築を意味する言葉ですね。英語だとGothic Revival

みなさん、「ゴシック」という言葉に対して闇・死・廃墟・神秘的・退廃的・ファンタジー・ホラー・黒、とかそんなイメージありませんか?

こういうイメージはゴシック主義そのものより、このゴシック・リヴァイヴァルの影響が大きいと言われています

元々のゴシック、ゴシック建築は1150年から1500年ぐらいまでの中世のもの。ゴシック建築は内部の明るさも特徴であり、闇とか黒とはむしろ逆(笑) このゴッシク建築はルネサンスの発展と共に衰退し、忘れられていきます

ゴッシクの再発見!

これに対して、ゴッシク・リヴァイヴァルは18世紀のイギリスから始まります。

まず、1750年頃からホレス・ウォポールという貴族の人が別荘を改装して中世ゴシック風の建物を作りました

まぁ、この人は建築の研究者でもなかったので、昔の本や絵を参考にした「過去の中世のイメージ」としてのゴシック建築だでしたが。

啓蒙思想が広がった時代である18世紀には、中世は暗黒時代であったと考えられていました。そして、ゴシックは奇怪さや不器用さを表わす言葉だったとのこと。ウォポールさんは、その古くて怪しい感じが好きだったのでしょう。

このゴシック風の別荘が大好評に! 毎日見学者が来るほどだったようですよ? その後からイギリスではゴッシク建築を参考にしたゴッシク・リヴァイヴァル建築が作られるようになります

イメージの定着と拡大

さて、このホレス・ウォポールという人は本当に中世ゴシック時代が大好きで、1764年に中世のお城を舞台にした「オトラント城奇譚」というホラー小説も書いてたり。サブタイトルは「あるゴシック物語(A Gothic Story)」。

これまた大人気に! ゴシック=ホラー、というイメージの始まりだとされます

この人、↑の別荘の中に印刷所まで作り、自分と仲間たちの小説を発表していきます。今のゴッシクのイメージができたのは、この人のおかげと言えるでしょう

ここから、ゴッシク小説というジャンルが登場。神秘的で幻想的、超自然的な驚異による恐怖や事件。そういうジャンル

今のSF小説やホラー小説の源流と言われていて、ちょっと有名なタイトルを挙げると「フランケンシュタイン」「ジギル博士とハイド氏」「ドラキュラ」「オペラ座の怪人」

こういう感じ。完全にゴシック=ホラー・ミステリーっていうイメージが定着してますね

さらに、このような建築・小説の人気を受けて、ゴシックはファッションにも広がります

黒い色、露出の少ない服装
不気味さを感じさせるアクセサリー
ダーク&ミステリアス

そういうファッションですよ。日本のサブカルで大人気の「ゴスロリ」の元ネタ

なので「ゴシック・ファッション」と言われますが「ゴシック・リヴァイヴァル・ファッション」の方が正確かもしれません。実際のゴシック時代の人って、こんなファッションしてませんし(笑)

これに加えて、音楽の分野でも1970年代に「ゴシック・ロック」というジャンルが登場して流行。ゴシックメタルなどのジャンルが生まれ現代でもゴシック文化は拡大しています。

まぁ、元々の「ゴシック」の意味合いは忘れられているので、拡大と言うより拡散かもしれませんが……

ちなみに、日本で「ゴシックファッション」というとゴスロリ系統の肌の露出が少ない黒のロングスカートとかがイメージされやすいと思います。

しかし、欧米ではゴシック・ロックなどの影響を受けた露出が多くピアス・ボンテージなど付けたスタイルも意味します。


↑こういうのもゴシックファッション。

やっぱり、今となっては「ゴシック」のイメージは広がりまくってますねぇ。もはや、ゴシックとは何なのか状態。言葉の意味の変化ってのも面白いもの。

サブカルにも影響大!

こういったゴシック・リヴァイヴァルのイメージは日本の作品にも多く取り入れられています。ホラー、ダークファンタジーのゲーム、ゴスロリの美少女キャラ、などなど

みなさんも色々と思いつくんじゃないでしょうか、作品とかキャラとか

ダークファンタジーだったら、ステンドグラスの教会で悪霊とバトル! とかありますよね~。また、魔王のお城が無駄に尖がっているとか、こういうのもゴシック文化の影響だと言えるのでは!

スタート地点である「ゴシック建築」から、ゴシックは意味合いとイメージを変えながら現代の日本にも伝わっている。面白いものです。

 

合わせて読みたい

まとめ

・今のゴシックのイメージは、もともとのゴシックよりも「ゴシック・リヴァイバル」の影響

・ゴッシクリヴァイヴァルは18世紀のイギリスから始まった

・「ゴシック」という言葉の意味が広がりまくってるよね! もうよく分からない!

・現代日本のサブカル文化にも影響している

 

ゴシック・リヴァイヴァルに関連する商品をAmazon.co.jpで見てみる