毎日こつこつやることが、英語を忘れないための方法!

覚えたはずなのに……忘れてる!

英語を勉強する中でつらい瞬間って、前にやったことを忘れてる時ですよね……一度やったはずなのに忘れてる。これは悲しくてつらい。

「あれ……これってなんだっけ。前にやった気がするんだけど……分からないな。」こういう時がつらい。頑張って覚えたはずなのに。

覚えては忘れ、覚えては忘れ。一進一退でなかなか前に進めない! 今まで知らなかったことが分からないのはしょうがないんですよ。知らないんですから。でも、知ってるはずなのに分からないってのはつらい。

今までに学習したことを1つも忘れず全て覚えていれば、今頃は英語を使いこなせているはずなんですが……(笑) 中学・高校・大学と、一応の英語教育は受けているので。

でもねぇ、だいぶ忘れちゃってるんですよね……大学入ってから「これで英語なんて真面目に勉強しなくていいぞ!」と思ったのがダメでした。

高校までは宿題もあって毎日英語に触れていた気がしますが、大学では英語から遠ざかってしまいました。英語の授業もあるにはあったけど……

高校までに習ったことをけっこう忘れててつらいです。みなさんも、こんなこと思ったことありません?

高校で習ったこと覚えてます? 発音は、かなり忘れてますね。文法も、仮定法とか関係代名詞とか結構やったはずなんですが……

そして何より、単語を忘れてるのがつらい。単語は覚えるしかないですからね、忘れてしまうと完全にアウト。

高校を卒業するまでに結構な数の単語を覚えたはずなのに……今となってはだいぶ忘れてしまってますよ。単語帳を見ながら覚えこんだはずなんだけど。

忘れないためには毎日やるべし

忘れるってこと自体は人間にとって必要な機能。生まれてから今までのすべての情報を記憶しようとしたら、容量オーバーで脳が壊れちゃいます。不必要な情報を忘れていくことで脳を効率よく使えるわけで。

学習したことを忘れないためには、脳に「不必要な情報」だって思われないようにしなくちゃいけません。必要な情報なら脳はしっかり覚えておくもの。

じゃあ、忘れないためには具体的にどうすればいいか? それは「毎日できるだけ英語に触れる」ってことでしょう。

長い間使っていない知識は「この情報、使ってないな。不必要なら捨ててしまうか」と脳が判断してしまいます。

何度も何度も使っている情報は「お、これは重要なんだな。ちゃんと覚えておこう!」と脳もしっかり保存してくれるはず。日本人が日本語を忘れないのは、日本語を使いまくっているから。

間を空けちゃダメなんですよね。私の場合は大学入ってからのしばらくで一気に忘れてしまいました。あの時期も、英語の学習を真面目に続けていればね……

毎日少しづつでいいので英語に触れる。繰り返し単語帳を見直してみる、一瞬でもいいから英語のリスニングをやってみる。

当たり前の話ですが、毎日こつこつやるのが忘れないために重要であり英語が上手くなる方法なんでしょう。私も頑張ります。

まとめ

・今までに学習したことを1つも忘れず全て覚えていれば、今頃は英語を使いこなせているはず……(笑)

・忘れないためには「毎日できるだけ英語に触れる」ことが必要。日本人が日本語を忘れないのは、毎日を使いまくっているから。