ブログ論と、その罠 ~上位表示されている「理想」にだまされるな!~

ブログ自体についての記事・情報って、探せば色々とあるし参考になることも多いです。しかし! 注意しておいた方が良いこともある!


意外な落とし穴が!(画像はウィキペディアより)

というわけで、今回のテーマは「ブログ論」。より良いブログにするには? ブログのPVを増やすには? 的なことですね。

ブログ論

ブログ論について例を出してみると「グーグル検索で順位を上げる方法」「ブログのネタを探すテクニック」「月間10万PV達成しました!」みたいなやつ。

まぁ、ブログ論という言葉は一般的なわけじゃないので「ブログについて話」ぐらいの大ざっぱなイメージでOKですが(笑)

ブログについての記事って、調べてみるとたくさんありますよね~。ブログ運営について困ったこと・知りたいことを検索してみると大量の情報がヒットします。他の人のブログ論を読むと参考になります。

けっこう色んなブログの中にブログ論記事は存在。現に、私も少しだけですが書いてますし(笑)

特に面白いのは「ブログ論専門ブログ」みたいな所があること。ブログ運営についての情報発信をしているブログ、ってことですよ? しかも、めっちゃPV数が多かったりすることも。

細かいことを言えば、ブログ論といっても3種類ぐらいに分けられるでしょう。

技術情報:「SEO対策」「ワードプレスのカスタマイズ方法」などを中心とした技術的な話。専門ブログが多いのはこれ。

ブログ運営論:「アクセス数の多い記事を書くには?」「バズらせるには?」「SNS活用法」「ブログの方向性はどうするべきか」「ブログを長く続けるには?」などブログ運営についての情報。

ブログの記録:「月間10万PV達成!」「ブログを始めて1年」「アフィリエイト収入公開!」など、自分の運営しているブログの記録を公開するタイプ。苦労話・自己流のテクニックなども書いてあることが多く②とも重なる。

上位表示の罠、それは理想にすぎない!

さて、これらの情報を調べて参考にするときに注意するべきは「ブログ運営論」と「ブログの記録」。この2つのタイプの記事を読むときは、気を付けるべきポイントがあると思います。

それは「キーワード検索で上位に表示されている記事を、簡単に信じてはダメ!」ってこと。みなさん、上位の記事だけをクッリクして参考にしてませんか……?

ブログのアクセスアップなどの方法を調べていると

「こうすれば記事をバズらせられる!」「SNSを使えば一気にアクセスが増える!」「半年で月間10万PV達成しました!」「この5つのテクニックを使えば1万PVなんてすぐ!」

みたいな素晴らしいことを書いてある記事が多く見つかりますよね?

ただし、気を付けるべきは「キーワード検索で上位に表示されるのは、クオリティの高い記事を書いている人気ブログ」だけなんですよ。つまり成功したエリート!

ちょっとでもブログを運営した経験があるなら、キーワード検索で上位表示される難しさは実感しているでしょう。彼らはそれをクリアした実力者。

上位に表示されている記事に書いてある結果を出すには、同じようなクオリティの人気ブログを作る必要があります。成功した一部の人間のレアケースであり、自分も同じような結果が出せると簡単に信じてはダメ!

どちらかと言えば、キーワード検索で下位に表示されている記事こそが一般的なブログの実情に近い。1ページ目に表示されているのは何千ものブログがある中でのベスト10。検索結果の1ページ目に表示されるのはエリートで、もっと下位に表示されているのがノーマル。

「全然、ブログのネタが思いつかない……」「一年たってもPVが伸びない……」こういった内容の方が普通と言えます。上位表示されているのは「理想」であって、「現実」はもっと下位に埋もれていると思った方が良い。

「ブログ運営論」と「ブログの記録」関係の記事を読む時は上位だけでなく、もっと下位に表示されている記事もあわせて読むべきだってこと!

ブログ論記事が多い理由、満足してない人が多い

ところで、なぜブログ論についての記事は多いのでしょうか? ↑に書いたように多くのブログの中にブログ論的な記事がありますし、ブログ論専門のブログも存在するぐらい。その理由は大きく言って2つあると考えられます。

①書きやすい

多くのブログ運営者がブログ論を書いてしまう理由はこれでしょう。「技術情報」を書くには専門知識が必要だけど、「ブログ運営論」「ブログの記録」については自分の考えや実績を書くだけでOK! 調べものをしたりする必要もなく、とっても簡単に書けます。

ブログをやってると記事数は多い方が良いので。自分のブログをネタにするのは、記事数を増やす楽な方法!

②ブログ論を読みたい人が多い

専門ブログとかがある理由はこっちですね。ブログ論って結構PV数を稼げるって言われてます。ターゲットになるのは同じくブログをやってる人。

技術情報を集めてブログをより良くカスタマイズしたり、他人のブログ運営論を読んでブログ運営の参考にしたり、他のブログの記録を見て自分のブログと比べてみたり……ブログ論を読みたい人って意外と多い。

ブログ論を読みたい人って、どんな人でしょうか? それは「今の自分のブログの結果に満足してない人」でしょう。

自分のブログをもっと良くしたい! って思うから、他人のブログ論を参考にしたい。今の結果に満足してたら、自分のブログ論を書くのはいいけど他人のブログ論なんて読まなくてもいい(笑)

つまり、ブログをやってる多くの人が今の結果に満足してない。「半年で月間10万PV達成しました!」「毎月50万円稼いでます!」みたいな記事は多くありますが、これはレアなパターン。私自身ブログを運営していて実感しますが、そんなに上手くはいきません(笑)

ブログ論の多さ=ブログ論を読みたい人の多さ=自分のブログの結果に満足していない人の多さ、ってこと。ブログを始めれば簡単に稼げる! みたいなのも罠。ブログ論の多さが、その証拠ですよ。

まとめ

・「ブログ運営論」と「ブログの記録」については、簡単に信じてはダメ!

・上位表示されているのは「理想」であって、「現実」はもっと下位に埋もれていると思った方が良い。

・ブログ論の多さ=ブログ論を読みたい人の多さ=自分のブログの結果に満足していない人の多さ

・ブログを始めれば簡単に稼げる! みたいなのは罠。満足できていない人の方が多い

 

私も月間1万PVまで1年以上もかかりましたからねぇ。みんながみんな上手くいくわけでもないのです。

月間1万PVを達成! 今までやってきたことを書いてみる
ようやく1万PVを超えてきました。ちょっと自慢できるぐらいにはなったかなと思っています(笑) 意識しているポイント、現在のデータなどを書いてみますよ。少しでも参考になれば。