ブログ記事に「目次」と「まとめ」を付けるべき3つの理由!

読者の人によろこんでもらえてPVも多くなるブログ記事を作っていくには、内容だけでなく「書き方」も重要なのはよく言われることでしょう。

同じような内容なら、分かりやすくて見やすい方がいいに決まってる。

そこで記事の質を高める方法の1つが「目次」と「まとめ」を付けることだと思います。私も最近になって気づきましたが色々なメリットがあるんですよ。

①読者が記事の内容を理解しやすくなる

やっぱり、これが1番重要な効果。とても短かい記事なら必要ないけど、ある程度長い記事なら目次とまとめを付けた方がいいでしょう。

まず、目次があれば記事の大ざっぱな内容が分かりますよね。読者は自分の求めている情報がありそうなのか確認できるし、話しの流れも予測できて読みやすい。

そして、ちゃんと記事の最後まで読んでもらえたとしても、そのころになると最初の部分って意外と忘れてるもの。そして、わざわざスクロールして最初を読み直してると今度は最後の部分を忘れちゃたり。私も経験ありますよ。

まとめを付けておくことで読み直さなくて済むので、読者の満足度・理解度が上昇。そうやって質の高い記事を増やせば、PVやリピーターが増えることも期待できます。

②まとめを書くために記事を読み直すので、内容が整理される

これも意外と大きな効果が。まとめを書くためには自分で記事を読み直して重要ポイントの確認が必要だけど、その時の読み直しによって記事の質が上がります。

勢いだけで書いてしまうと、誤字脱字があったり内容的に整理されてなかったりするもの。読み直しは忘れちゃいけません。

それに、まとめに書く内容は「自分が読者に伝えたいこと」なんですよ。まとめを書くために記事を読み直すと「そうそう、この記事で伝えたいのはコレだったな!」と再確認できる。

基本的に「まとめが書けない記事」はダメだと思いますね、「自分が読者に伝えたいこと」がないってことなので。私の実体験として、まとめが書けないのは文字数が少なすぎたり内容がグチャグチャすぎるのが原因のことが多いんです。

まぁ、これは記事の種類にもよるんでしょうけど……ペットの日記なんかには「まとめ」なんていらないでしょうし。

目次についても自分で目次を見ることで記事の段落分け、話の流れを確認することができます。意外と「……なんか話がつながってないなぁ」と感じることも多いので、その場合は修正しましょう。

③文字数が増えるのでSEO的にも良い

当然だけど、同じ内容の記事でも目次とまとめを付け足すと文字数が増えます。本文の内容を改めて書くことで文字数の水増しができるってわけ。100~300文字ぐらいは増えるのでは。

もちろん、水増しのために無駄に長いまとめを書いちゃダメですよ(笑) ちゃんと内容のある記事を書いてから、読者の満足度をさらに上げるためにまとめを付けるだけの話。

まとめ

・記事は内容だけでなく書き方にも意識を向けるべき。

・記事の最後に「目次」と「まとめ」を付けるようにすると3つのメリットが

・①読者が記事の内容を理解しやすくなる

・②まとめを書くために記事を読み直すので、内容が整理される

・③文字数が増えるのでSEO的にも良い

・水増しのために無駄に長いまとめを書くのはダメ(笑)

 

こちらもどうぞ

アクセスの多い記事の書き方! 図で分かる狙うべきポイント
2年ほどブログをやってきて、ようやく記事の書き方が分かってきました。気付いてみれば当たり前だけど、これを自覚できてる人は意外と少ないのでは。