アクセスの多い記事の書き方! 図で分かる狙うべきポイント

2年ほどブログをやってきて、ようやく記事の書き方が分かってきました。気付いてみれば当たり前だけど、これを自覚できてる人は意外と少ないのでは。

あなたが狙うべきポイント

まずは、下の図を見てください。

赤いは、自分の得意分野・好きなこと。

青いは、他の人にとってニーズのある情報・人気の内容

緑のは、ライバルが多いジャンル。

記事として書くべきなのは赤と青が重なっている②の部分、「自分の得意分野&他の人にもニーズがある」だけです

他は書いてもアクセスは伸びません。ほとんどの場合②以外は時間の無駄になるでしょう。

繰り返し言いますが、狙うべきなのは②だけ。アクセスの少なさはこれを分かっていないのが原因。

アクセスの多い記事を書きたいなら、他の人にとってニーズのあること・役立つ情報・人気の内容にする必要がある。つまり、の部分以外はアクセスが増えないってこと。

そして、自分の得意分野・好きなこと(=の部分)について書かないと面白くて情報量も多い記事にはならない。これも当たり前の話。アクセスだけを狙って雑に書いても、読者だってそれぐらい分かりますから。

ネット上には多くのブログ・情報サイトがライバルとして存在()。すでに固定ファンがたくさんいるブログやwebサイトと戦っても勝てません。

だから②の部分だけを狙って書くべき。

よくある失敗パターン

今までの話って珍しい内容じゃありませんよね。しかし、多くの人が実践できてない。

どのような失敗パターンがあるのか再び図を乗せます。

多くの人が書いてしまうのが①・④⑤・⑦の部分。何度も言いますが②以外はアクセスは伸びません。

1番多い失敗パターンは①だと思います。つまり「自分の好きなことだが、他人にとってはどうでもいい内容」。日記・食べたものの記録などでしょうか。

数字を気にしないなら自由にすればいいけれど、アクセスの多いブログにしたいなら他の人に役立つ情報にしなくてはダメ。

次に、④⑤も多く見かけますね。アクセス数にあせって取りあえず人気ありそうな情報を記事にするパターン。しかし、得意分野以外で評価される記事なんて書けません。

⑦については狙いは悪くない。でも、書きやすく人気もあるジャンルには同じことを考えたライバルがたくさんいます。例としてはアニメ・ゲーム・漫画などでしょうか。

企業のwebサイトや100万PVを達成している人気ブログがひしめいている。「レッドオーシャン」という表現がされることも。

あなたのブログが成長して「勝てるようになった!」と思えるまでは避けるべき。もっとマイナーで細かいジャンルを選びましょう。

自分の得意分野&他の人にもニーズがある記事の探し方

では、どうやって自分にとっての②の部分を見つければいいのか。

まず、あなたが書く意味があるのは自分の得意分野・好きなことのみ。

得意分野以外では評価されるような記事は作れないし、自分でも書いてても楽しくないからです。

なので、自分の得意分野について記事を書きまくるべし。やる前から考えても答えは分かりません。取りあえず手を動かして記事を増やしましょう。最初から分かれば誰も苦労しませんって。

1~2日で記事を書ける人は100記事。それよりペースの遅い人は50記事を目標にするといいと思います。

次に目標数まで行ったら自分のブログを分析します。記事ごとのアクセス数・直帰率・平均滞在時間をチェック。googleアナリティクスを使うとデータが出てきます。

調べてみれば記事の中でもアクセスの多い記事・少ない記事が分かってくるはず。そして、アクセス数の多い記事の内容が②である可能性が高い。

なんとなく自分でも理解できるものですよ。「あー、なるほど。こういうのが受けるのか」と納得できる。

このブログ「想像人の部屋」だと、↓の記事とかがアクセスが多め。

おすすめ無料web漫画200作以上! インディーズのみ&ジャンル別!
1話から最新話まで続けて読めるのは大きな利点! また完結済みの作品も公開されているので一気に読みにはぴったりです。 分類(クリックでジャンプ) バトル・アクション ファンタジー・SF ラブコメ・恋愛 百合 日常系・ギャグ漫画 人間ドラマ・シリアス ホラー・グロ、ちょいエロ...
【随時追加中】小説家になろう、おすすめ作品100以上をジャンル別で!
大量に読んできた作品の中から厳選してお届け! 役立つ記事になってる自信はあります。異世界転生以外にも面白い作品はいっぱい。きっと新しい良作との出会いあります。

ジャンルとしては、webマンガ・web小説。普通のマンガ・小説ではなくweb作品なのがポイント。ここが私の②だと気付きました。自分の得意分野&他の人にもニーズがあるジャンル。

web作品について書いてるライバルは少なく、また面白いマンガ・小説を探してる人はけっこういますからね。

逆に、今さら私がワンピースや化物語などの有名作品について書いてもライバルが多すぎて勝てない。狙うべきポイントを考えないとダメ。

あとは、自分のブログの中でアクセスの多い記事を参考にしながら近いジャンルの記事をどんどん増やしていきましょう。自分にとっての②を見つけたら、そこからは②の記事を書きまくるだけです。調子にのって①を書かないように注意

自分が書くべきジャンルが分かってないと、色んなことをバラバラに書いちゃうんですよね。いつもいつも「今度は何を書こうかな……?」って悩んじゃうし、ブログの軸もぶれる。狙うべきジャンルを特定すると更新もしやすくなります。

もしも近いジャンルの記事を増やしてもアクセスが伸びない時は、それは②じゃなかったということ。判断ミスをしたと気付いたら、もう1度ブログを分析して軌道修正するべし。

あなたのブログは①~⑦のうちで、どのタイプの記事が多いですか? すでに目標数を超えている人は、もう1度自分の記事をじっくり分析してください。

自分の得意分野でアクセスが伸びた記事、それが②の部分。あとはそれを真似していきましょう。

まとめ

狙うべきは②=自分の得意分野&他の人にもニーズがある記事だけ。他は書いてもアクセスは伸びない。

50~100記事ほど作ったら、自分のブログをしっかり分析。②を探すべし。アクセスの多い記事が②である可能性が高い。

自分が書くべきジャンルが分かってないと色んなことをバラバラに書いてしまう。狙うべきジャンルを特定しよう。

そして自分の中での②を見つけたら、あとはそのジャンルを書きまくるべし。

 

こちらもどうぞ

月間1万PVから100万ブログになる方法を考えてみる ~10倍×10倍=100倍!~
記事の数×1記事当たりの平均PV=ブログ全体のPV。人気ブログになるための方程式とは!